2015.11.30更新

こんにちは!スタッフMです。
急に寒くなってちょっとびっくりしましたねー。
11月ももうすぐ終わりなので、季節なりの気温ではあるけれど身体がついていかない感じです。

先日、人間ドックを受けてきました。
血液検査はかかりつけの内科で定期的にしていますが、1年に1回は身体の隅々まで調べてもらっておくと安心な気がします。

とは言え、気が進まない検査もあるわけで…。
子宮がん検査、胃透視検査、マンモグラフィー。
この3つは本当に検査後のグッタリ感が大きいですね。
(でも、この3つが私にとってはメインなので仕方ないのですが)

特に子宮がん検査は、診察台に乗る前から吐き気がするくらい苦手で、何度か気分が悪くなって回復室で休ませてもらったことも。
今年はいつも受診する施設が予約が取れなかったので、はじめてのところでの検査でした。

いつもなら名前を呼ばれてすぐ診察なのですが、数人の方とともにカウンセリングルームへ。
ちょっぴりコワモテの先生が、子宮がん検診はなぜ大事なのか?ということをアツく語りだしたのです。

「中高年の方の検診はね、死なないためのもの。
だけど、10代、20代のお嬢さんたちには元気な赤ちゃんを産んでもらうためのものだから、1年に1回は引っ張ってでも連れてきてください。」

このことを繰り返し言われました。

パンフレット

今は初潮の年齢も性交渉の年齢も早まっているため、すでに10代から子宮頸がんのリスクがあるそうです。
結婚して子どもを授かったと喜んでいたら、一緒に病気も見つかったというケースは珍しくないとか。

女性にとっては気が進まない検査だけれど、特に若い世代には大事なことですよね。
私には子どもはいませんが、まわりの若い方たちにこのことを伝えていこうと思いました。

検診といえば、歯の定期検診も同じですね。
毎日の食事を楽しむため、健康な身体をつくるため、そして人生を楽しむために、年3回のメンテナンスをおすすめしています。
検診のときに虫歯が初期の段階で見つかれば、簡単な治療で済むことが多いので、色々な負担が少ないですよ!

では、また来週!

 

2015.11.16更新

こんにちは!スタッフMです。
昼間はまだ過ごしやすい気温ですが(今年は暖冬の予想らしいです)、スーパーの野菜売り場には、冬が旬を迎える野菜が並びはじめましたね!

青々したブロッコリーや大きく育ったネギ、そしてお鍋に欠かせない白菜が甘みを増してきて、美味しくなってきました。

今や定番になった「白菜と豚肉の蒸し」。
数年前に料理雑誌か何かで見つけて、平日でもできる簡単で美味しいレシピなので我が家でもよく作ります。
白菜と豚バラ肉を交互に重ねて塩を時々ふり、最後にお酒を回しかけて蒸すだけで、出来上がり!
薬味を入れたポン酢で頂けば、文句無しの美味しさです。
これに干しエビを加えて蒸すのもかなりオススメで、シメに中華麺を入れて食べると絶品ですよ!

先日、ネットで他に重ね蒸しのレシピがないかな?と思って探したら「重ね煮」でヒットした美味しそうな一品!

「牛肉の重ね煮」
ざく切りにしたキャベツ(レンジでチンしても良い)、スライスしたジャガイモ、玉ねぎを順番に重ね、薄切りの牛肉を重ねて塩こしょうをします。最後にスライスしたトマトを並べて中火にかけて蓋をして、野菜の水分の出方を見ながら水と固形スープの素を入れて煮込みます。
塩、黒こしょうで味を整えて、トマトが煮えたら牛乳を加え、仕上げにチーズをのせて出来上がり!
フランスパンを添えて、スープにつけながら食べるといいそうです!
美味しそう‼︎
(画像はお借りしました)

なべ


野菜の旨みをぎゅーっと凝縮させた「重ね煮」で、冬野菜の栄養をたっぷり摂って、本格的な冬に備えたいですね!

 

2015.11.04更新

こんにちは!スタッフMです。
11月に入り、お出かけにはあたたかいコートが着たくなるくらい、空気が冷たくなってきましたね。

先日、お気に入りのおしゃれ雑貨のお店で、いつも接客してくれる店員さんと雑談していたときのこと。
私の職業が歯科衛生士という話をしたら

「わー、いつもお疲れさまです!私にとって、歯医者さんは特別な場所なんです!だからスタッフの方々に嫌われたくないし、いちど気に入ったら浮気できません。」

と、熱く語られたのです。
確かに歯科医院って他の病院とは位置付けがちょっと違うのかも。
感覚的には美容室のような感じ⁈
気にいるところが見つかるまで放浪したり、一旦ここ!と決めたなら滅多なことでは浮気できなかったり。
何だかすごく分かる気がします。

そして、またある日の診療室での患者さまとの会話。
カルテの備考欄に「嘔吐反射(喉の奥を触ると吐き気をもよおす反射)あり」とあったので、歯石除去を行う前にお声掛けをしたところ、

「いや、実は私すごく怖がりなもので…それもあって緊張して気分が悪くなるんです。いい歳して情けないんですけどすみません。でも、こちらの先生は優しくしてくださるので通えています。他の所はちょっと…ダメです。」

と、申し訳なさそうにお話してくださいました。
これもホントによく分かります!
私自身、かなりの怖がりで自分が患者として病院を受診するときの緊張感といったら!全身から嫌〜な汗をかいて、かなり挙動不審。
終わった途端にグッタリ、なんです(笑)。

やっぱり歯医者って、ちょっと特別?特殊なところなのかもしれない…と感じた出来事でした。

ドキドキしながら来院される患者さまが、少しでもリラックスして治療が受けられるように、私たちスタッフ一同笑顔で接していきます!

歯医者さん

 

entryの検索