2016.01.25更新

こんにちは!スタッフMです。
週末は予報通り本当に寒かったですね!
我が家も外出はせず、家に篭っていました。
おかげで、琴奨菊関の優勝をTVでじっくり見られて良かったです!

さて、日本中が騒然となったアイドルグループ・SMAPの解散騒動。
NHKもニュースで報じるほど、その関心の高さがうかがえました。
女性マネージャーの事務所退社が発端となり、独立を考えていたとも報じられ、その経緯は連日TVやスポーツ紙でも報道されていました。

この騒動について周りの人たちと話題になったのは、事務所とマネージャーどちらに恩義を感じるか?ということ。
TVやスポーツ紙の報道の影響もあってか、初めの頃はマネージャーに付いていく決断をした4人は軽率で、事務所に残る意思を貫いた木村氏が義理を通した、という意見が多かったのです。
私も4人の気持ちは分かるけど、大丈夫かな?仕事干されないかな?と思っていたのですが、あの謝罪会見を見てすごく異様な感じを受けました。
その頃からネットのニュースでは、TVやスポーツ紙の報道とは全く違う内容の記事がどんどん出てきて、これはただの独立、解散じゃないぞ!ということが分かってきました。

デビューはしたもののCDは売れず鳴かず飛ばずだった自分たちを、必死に売り込んで育ててくれたその人が、事務所経営陣から理不尽な扱いを受けて退社に追い込まれようとしている。
その様子を見て、彼女の力になりたい、一緒に頑張りたいと思うのはごく自然なことだったのかもしれませんよね。
ただグループであっても、それぞれ価値観も違えば守るものも違う。
それがこの騒動をさらに大きくしてしまったのでしょう。

どうやらグループは存続するようですが、何だか気の毒な気がしないでもない…。
長く事務所にも貢献したのだし、彼らも40代の大人ですからこれから先は自分たちの好きなスタイルで仕事をしても良い気がします。
ファンとしてはSMAPがなくなるのは寂しいけど、本当のファンなら彼らの生き方を応援してあげるのも大事なのかもしれません。

ともあれ、色々な事を考えさせられた今回の騒動。
あなたがもしSMAPのメンバーだったらどうしますか?

 

2016.01.12更新

こんにちは!スタッフMです。
皆さま連休はゆっくりできましたか?
年末年始は何かと気忙しく、あっという間に仕事始め。
個人的には、やっと年が明けてのんびりできたなぁという感じです。

カラーオブザイヤー
さて、「カラーオブザイヤー」というのをご存知ですか?
これは美容、ファッション、デザイン業界を盛り上げて、売り上げにつなげるためのマーケティング戦略で、2000年以降、世界に名だたる色の権威たちが、特別な1色を選んでいるもの。

ちなみに2015年は「マルサラ」(血を連想させるワインレッド)だったそうで、確かにお店でもよく目にしたような気がします。

毎年1色だけ選ばれていましたが、2016年はペールトーン(パステルカラー)の「ローズクウォーツ」と「セレニティー」の2色がカラーオブザイヤーに!
ファッションでもトレンドになっている、ユニセックスアイテムやジェンダーレスが反映された、とのこと。

2色をバラバラではなく、暖色と寒色であるピンクとブルーを組み合わせて見ることで、お互いの魅力を際立たせることができるのだそう。

確かに2つの色は、男女共に取り入れられそうですよね。
男性が淡いピンクのシャツをさり気なく着ていたらチャーミングだし、女性が淡いブルーのワンピースをサラッと着ていたらその場の空気が一気に涼やかになって、きっと素敵!
パートナーとカラーコーディネートしても楽しそうですね。
まだまだ寒いけれど、パステルカラーを見ると春の訪れを感じて何だかワクワクします。

冬物のセールも落ち着いてきて、そろそろ春物が気になる頃。
アイテム選びの参考になさってくださいね!


新しい年がスタートして、気持ちも新たに頑張ろう!というみなさま、お口の中もキレイにしませんか?
プロの手によるクリーニングでスッキリ爽やかに!
スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

2016.01.04更新

新年あけましておめでとうございます。
2016年が皆さまにとって素晴らしいものになりますようお祈り申しあげます。
昨年同様、当ブログで楽しんでいただけるよう頑張りますので今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。角松


さて、今日から仕事始め、という方が多いと思いますがあなたは今の仕事が好きですか?
自分に向いていると思いますか?

好きなことを仕事にできるのが幸せだ!と思うのですが現実にそうなっている人は少ないのではないでしょうか。
一方で好きなことを仕事にする辛さもあると言いますし、なかなか悩ましいところですね。

かく言う私、歯科衛生士という仕事が好きか?と聞かれたら好き、なんだと思います。
しかし、向いているか?と聞かれたら答えは「いいえ」です。
20歳から続けているこの仕事が自分に向いていると思ったことは1度もありません。

どちらかといえば手先が不器用で、いわゆる気がきくタイプでもなく、のんびりやさんな私。
それでもここまでこの仕事を続けてこれたのは、こんな私を我慢強く使ってくださった先生方や指導してくださった先輩方、フォローしてくれたスタッフや支えてくれた家族のおかげ!
そして、患者さまの笑顔が私の頑張る力になりました。
感謝、感謝です‼︎

仕事には、人柄が出ると言います。
仕事人格、という言葉もあります。

どんな仕事であっても、たとえ形には残らなくても、気持ちが通う時間があって少しでも誰かの役に立ったり、記憶に残っていけばいいな、と思います。

ちょっと熱く語ってしまいましたが(笑)
最後までお読みいただいて、ありがとうございました!
ではまた来週!

 

entryの検索