2017.02.27更新

こんにちは!
「2月は逃げる」と言いますが、まさにあっという間に過ぎた気がしているスタッフMです。
しかも、色々な事がありすぎて…来月は少しゆっくりしたいなぁと思っています。

新しい季節が近づいてくると、いつも使っているものを新調したくなりませんか?特に春は新入学・フレッシャーズの季節。
そうでない人も気持ちを新たに頑張ろう!と感じる時期ではないでしょうか。

私のバッグ

最近、普段使いのバッグを新調しました。
これがまさかの雑誌の付録!でもそれを感じさせないクオリティ。
何よりこの絶妙なサイズ感がツボでした。
物の出し入れがしやすいトートバッグは私の定番なのですが、昨年までは小さめサイズを使っていました。なので入れるモノは厳選してなるべくコンパクトに、身軽に移動するのを心がけていました。

でもこの半年くらい、手持ちの小さめバッグでは不自由を感じるようになってきたんです。
何故か?答えは「持ち歩く物が増えたから」。
身体が寒暖差に耐えられなくなってきて季節を問わずストールを持ち歩く。
出先で文字が見づらくなることがあってリーディンググラスが必要。
ちょっとした小さい買い物を別に持たずに放り込めるスペースが欲しい。なかなか進まない読みかけの本やペットボトルを入れたり…。
小さいバッグから溢れる荷物にちょっとため息。

大人になるほど身軽でいたい!と思っていたのに、そうはいかない現実(笑)。でも、不自由さを感じながら今の自分に合わないものを使うのも違うな。
小さめバッグでおしゃれをするのはおめかしして出かけるときにしてふだんはストレスなく使えるバッグをお供にしたいと思います。

皆さまも春支度、はじめてみてくださいね!

 

2017.02.20更新

こんにちは!最近は気温差の激しい日々で着るものに頭を悩まされているスタッフMです。
三寒四温、とはよく言ったものですねぇ。
皆さまはどんな工夫をしていますか?

つい先日の、職場の先輩衛生士の方との会話。

「最近、若い20代の患者さんで『歯ぐきが腫れて痛い』っていう人を続けて診るんだよね。虫歯はないけど歯石がいっぱい付いてて」「あー、私も学生の頃は虫歯がなくて歯医者さんに縁がなくて、でも衛生士の専門学校に入る前、健康診断の歯科健診で、歯石が付いてるって言われて…はじめて歯石って言葉を知りました! で、専門学校に入って実習で染め出ししたら真っ赤で!歯磨きの仕方を知らなかったから、磨けてなかったんですよ〜」

「やっぱりそうなんだね!虫歯がなくて歯医者に来ないと歯石が付いてるのも分からないし、ちゃんとした歯磨きを知らないから磨けないよね…」


学校の歯科健診で「虫歯はありません」と言われると、ラッキー!と思って歯医者には行かないですよね⁈
でも最近の健診の用紙には「歯に汚れが付いています」というような項目もあります。そこにチェックが入っていたらどうしますか?
そんなときは迷わず歯科を受診してください!

最近では、子どもさんのお口の健康について意識の高いお母さんが増えて、フッ素塗布を定期的にされる方も増えました。
その時に磨けていない部分の歯磨きをお教えしたり、お母さんに仕上げ磨きのポイントをお伝えしたりしています。

検診

正しい歯磨きの方法を覚えることは、大きな財産になります!
これからは「治療」ではなく「予防」の時代。
これは大人の方も子どもさんも同じです。
健康なお口で、いつまでも自分の歯で美味しい食事を楽しめるよう、定期的に検診を受けることをおすすめします!

 

2017.02.13更新

こんにちは!
先月の最強寒波を超えるほどの寒さだった週末、朝から食べたぜんざいがしみじみ美味しかったなぁ〜と思ったスタッフMです。
ふだんの朝食はパンとコーヒーなのですが、ゆっくりできる休日の朝はお餅に目がない夫のためにぜんざいやきな粉餅を準備します。
アツアツのお餅って美味しいですよね!


さて、まだ寒い日が続いていますが、そろそろ気になるのは花粉の飛散。敏感な方は、もう鼻がムズムズしているのでは?
花粉症は2月中旬からGW明けがシーズン、早めの対処で少しでも症状を軽くしたいものです。

花粉症ケアのポイントは、1.薬で症状を軽くする 2.花粉をシャットアウトする 3.根本的な花粉症治療をはじめる花粉症

「花粉症の薬は眠くなる」と言われていたのは一昔前で、今は副作用が少ない薬もあるそうなので、敬遠していた方もトライしてみては?
花粉の飛散する時期の外出は、マスクをつけるのが基本。
帽子やメガネ、髪もまとめたり短めのスタイルにすると花粉の付着を軽減できるので、オススメだそう。
花粉の時期を過ぎたら、根本的な花粉症の治療をはじめてみても。
免疫療法は3年ほどかかるそうですが、始めた年から長期にわたってアレルギーの症状を抑えるこそができ、根治を目指せます。
さらに、漢方薬や食事でからだの内側からケアすることで花粉症の症状を抑えることも大事なんだとか。
冷えは花粉症の症状を悪化させ、胃腸の働きが悪くなると免疫力が低下して、花粉症が起こりやすくなります。
症状があるときは、身体を冷やす食材や刺激のある食材は避けて、バランスのよい食事をすると良いそうてす。
滋養強壮によい生活を心がけ、暴飲暴食やストレスを遠ざけて胃腸の負担を減らすことで、花粉症を発症させないようにしたいですね!

 

 

entryの検索