2018.07.30更新

こんにちは!スタッフMです。
週末の逆走台風、びっくりしましたね。今年は本当に異常気象!
日本の気候は変わってきている、と認識して対処を考える時期かも
しれません。


さて!先日のお休みの日、職場の後輩に教えてもらったお店で
ランチをしてきました!

 看板

『U-café』
ログハウス風のつくりが可愛らしいお店です。
住宅街にあって見過ごしそうな(笑)隠れ家的な雰囲気です。店内も木のぬくもりいっぱいの空間で、一気に気持ちが和みます。

この日は煮込みハンバーグを頂きました‼︎

 ハンバーグ

溢れる肉汁と旨みたっぷりのソースが最高‼︎
付け合わせのマッシュポテトもクリーミーで美味しかった♡
デザートもオーダーしたのでパンを選びましたが、結構たっぷりで男性も満足できそうですよ。

そして、別腹デザート!

 デザート

期間限定・桃のパフェ♡
桃が丸ごと1個使われたこちら、桃のソルベと一緒に食べると爽やかな甘さで美味しい‼︎
ランチの後にフルサイズのパフェを食べるなんて、高校生の頃以来かも(笑)。問題なくペロリと食べてしまいましたー。


この日一緒にランチをした方は、私と同じ病気と闘っている同年代の女性。偶然にも、通っている病院が一緒なことが分かって意気投合!
ランチは2度目、お店の雰囲気もあってか話もとても盛り上がり、楽しい時間を過ごせました。前向きな彼女にいつも元気をもらっています。

気になった方はこちらを→https://www.hotpepper.jp/strJ001192252/

おすすめです♡

 

 

2018.07.23更新

こんにちは!
毎日の夕食が切って並べるだけのメニューになっているスタッフMです。こう暑いと、コンロの前にできるだけ立ちたくない!ので、加熱はレンジにお任せです。でもそろそろレシピがネタ切れ(笑)
主婦の皆さま、頑張りましょうね‼︎

さて、熱帯夜が続いて寝不足…という方、多いのではないでしょうか。私も暑いのが苦手な上、夕食の片付けの後疲れて寝落ちしてしまうといざベッドに入って寝よう!と思うとなかなか寝付けず、さらに寝不足…という悪循環に陥っています。そして、眠れても途中で目が覚めて悶々としながら朝!みたいなこともあり、悩ましいです。睡眠

 

いつも見ている「MY LOHAS」でこんな記事を見つけました!

 

『夜中に起きてしまうのは当たり前のこと』
人は夜通し眠っていることはなく、夜中に4~5回起きても正常なんだとか。
私たちが洞窟に住んでいた時代にさかのぼると、夜中、途中で起きて周りの様子をじっと見て、虎がいないか確認した上で、また眠りに戻るというのは日常茶飯事だったのです。
なので、途中で起きてもまた眠れれば問題なし!なんですね。

いったん起きてしまうと眠れないのは、眠りを妨げる原因がある可能性が。次にあげ5つの理由に心あたりはありますか?

・夜中のトイレ 夜間頻尿には色々原因がありますが、身体の中の水分と電解質のバランスが崩れている可能性があるとのこと。
寝る30分くらい前に、小さめのコップ1杯にひとつまみの天然塩を入れて飲むと効果があるそう。

・暑すぎること 暑いと眠れませんよね(笑)。心地良く眠れる適温は15~18℃なんだとか。夏場はちょっと難しいですが、夜お風呂に入って体温を上げて寝る時に少し体温が下がると、脳に眠りのスイッチが入るので寝つきが良くなります。

・深夜のスマホ これもあるあるですねー。寝る1時間前から画面を見ないようにするのが1番ですが、なかなか(笑)。ブルーライトが睡眠の大きな妨げになっているので、せめて画面を少し暗くして、顔から30~60㎝離して見るようにしましょう!

・夜ごとの寝酒 冷えたビールが美味しい季節、ついつい飲み過ぎちゃいますね。飲んで数時間でアルコールは代謝されるので、夜の早い時間に適量飲むのは寝つきを良くするいい飲み方。まさにハッピーアワー(笑)。寝る前のお酒は控えるのがベストのようです。

・ストレス 仕事、家事、子育て、介護…悩みは尽きませんね。ストレスがゼロ!という人はいないと思います。深刻な睡眠障害は治療が必要ですが今話題の「マインドフルネス」や「リラクゼーション」で対処したり、ストレスの元となる考え方を脳がコントロールできるようになると、睡眠の質が高められるそう。


いかがですか?
子供の頃の夏のように、朝から目一杯活動して夜は死んだように寝る!というわけにはいきませんが、色々な工夫をして毎晩気持ちよく眠りたいですね!

 

 

2018.07.17更新

こんにちは!
連日の猛暑に思考能力を奪われているスタッフMです。
こまめに水分補給して、熱中症予防を心がけたいですね!

連休はとくに遠出の予定もなかった私たち夫婦、現代美術館で開催中の「蜷川実花展」に行ってきました。

息を呑むような色彩の鮮やかさ。斬新なアングル。鬼才・蜷川幸雄のDNAを感じずにはいられない、彼女の世界観に圧倒されました。

 蜷川1蜷川2蜷川3


その中で、『うつくしい日々』の作品たちは、闘病中の父親との時間を写したものでこれまでの彼女の作品とは全く違う趣でした。
16年前、死期が迫っている母と病室で2人きりになったときのことや、母が逝ったあと何を見ても涙ぐむ日々だったことを久しぶりに思い出し、気が遠くなりました。

楽しかったのは、沢山の著名人やスポーツ選手のポートレート!
誰だか分からないくらいアートな作品あり、「え?こんな表情するんだ」と思うほどナチュラルな雰囲気の作品など、被写体になった人も楽しんでいたんだろうなと感じました。

9月9日までの開催なので、気になられた方は是非足を運んでみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

2018.07.09更新

こんにちは!スタッフMです。
週末の大雨で広い地域での被害が出ました。本当に心痛みます。
自分たちにできる支援を考えたいですね。

さて、今週の天気予報を見ると晴れの日が続いて暑くなりそうです。
ジリジリと照りつける日射し、紫外線対策を万全にしたいですね!
帽子や日傘、日焼け止めを使うのはもちろん、毎日の食事で身体の中からも対策ができたらなお良し!ということで、調べてみました。

紫外線対策を考えるとき、キーワードになるのは「抗酸化」。
紫外線によって増える活性酸素は、肌の乾燥やシミ・シワの原因を作り、皮膚や眼にも深刻な影響を与えると言われています。
この活性酸素の増加を抑える抗酸化力が期待できる食材といえば、カラフルな緑黄色野菜や果物!そしてこれらの食材の選び方や調理法を工夫することでより抗酸化力がアップするのだそう。

緑黄色野菜

まず、食材を選ぶときは「熟したもの」を!
抗酸化力も味わいも完熟したときが一番で、バナナは“シュガースポット”といわれる茶色い斑点がでると抗酸化力は2倍に!
鮮やかな色のパプリカは完熟野菜で、抗酸化力が高いそうです。サラダやマリネでたっぷり食べたいですね!

栄養の吸収率を高める調理法としては、緑黄色野菜に含まれるカロチンを油と一緒に摂るサラダや、根菜類を“炒めて”から“煮る”筑前煮、きんぴら、カレーなどがおすすめ。
ダイエットを気にして、ノンオイルで食べる女性も多いかと思いますが、良質のオイルを適量使って食べる方が、キレイの近道かもしれませんね!

さらに、調味料でひと工夫すると完璧!
醤油や味噌など発酵した調味料は抗酸化力が高く、特にたまり醤油など発酵期間の長いものほど旨みが強く、抗酸化力が高いので上手に取り入れたいですね。

暑くなるとキッチンで火を使うのが辛くなりますが、手早くできる野菜料理のレシピをいくつか覚えて、「食べる紫外線対策」を頑張ってみようかと思います‼︎

 

2018.07.05更新

こんにちは!スタッフMです。
サッカーW杯、日本代表の闘いは素晴らしかったですね。
前評判を覆すベスト16‼︎ 胸を張って帰ってきて欲しいです。

先日の診療室でのひとコマ。
70代の女性Oさまは、いつもスタイリッシュな装いで来院される素敵な女性。診療の合い間、院長先生に

「私にとってはね、どんな宝石よりもコレが1番なの!」

とご自身が使われている入れ歯を指差されてニッコリ。
その入れ歯は数年前に当院で作製して何度か調整もしているもの。
きっと不自由なくお食事ができているのですね!

入れ歯は新しく作ってすぐは噛みにくさや歯ぐきの痛みなどが出て、思うように食事ができないことがあります。
そこで「この入れ歯は合わない‼︎」と諦めて使わないと勿体ない!
何度か調整に通っていただくと、使えるようになることが多いです。
歯ぐきの状態や噛み合わせの具合で100%自分の歯のように、とはいきませんが調整しながら使っていくことで馴染んできます。

そして、作ってから数年経つと入れ歯のバネが緩んだり、歯ぐきの形が変わって入れ歯の歯ぐきの間にすきまができて、ものがはさまりやすくなります。
そんなときは、放っておかずに調整すると快適に使えるようになります。入れ歯もメンテナンスが必要なんです。

診察を終え、颯爽と帰られるOさまの姿は格好よかった!
歳を重ねても美しくいるためには、まずは食べること…そんなことを思いました。

 

entryの検索